暑い日の冷房注意!冷房病対策のツボ(にじいろ整骨院成瀬台院)

こんにちは。

梅雨の時期から30度近い気温が記録されていますがいかがお過ごしですか?

暑い日になると涼しい空気を求めてエアコンを使う人も多いと思います。

その時に体のだるさや肩こり、腰痛が起きたことはありませんか?

このような症状が起きることを冷房病といい、この冷房病とは冷房が強く効いたエリアに長時間いた後、外気温にさらされることを繰り返したときに起こる、自律神経の機能不良の通称です。

冷房病の対策としては外気温と室内温度を5度以上にしないことや、軽い運動をして汗をかく事、首を冷やさないことなどが言われています。

東洋的なツボは三陰交が効果的です。(場所は内くるぶしの頂点から指幅4本分上がったところで、骨と筋肉の境目)

e09_01

しかし根本的な治療としては自律神経を整えることが一番大事で、自律神経のバランスを整えることができれば、症状がおさまり温度差の多い環境でもクーラー病の症状が出にくくなります。
自律神経の乱れている方の中には肩こりや腰痛が原因となって引き起こされている方も少なくありません。

もしこのような症状にお困りの方は当院を受診されてみてはいかがでしょうか?

一度お気軽にお越しください。

 

ネット予約が出来るようになりました↓
https://www.peakmanager.com/online/index/5623