2月のUVケア!!(綱島院)

こんにちは!りりあタウン整骨院です。

みなさんはこの時期のUVケアはどうしてますか?

2月は一年中で最も角質層のバリアが弱っている時期です。
それは、冬の寒さによる代謝低下の後遺症というのは一ヶ月遅れで表れるからなのです。
2月は気温・湿度ともに上昇しはじめ、環境的には肌の乾燥は真冬の12月~1月よりも緩和されるはずですが、角質層が肌内部からの水分の蒸散を防ぐバリアとして充分に機能しないため、真冬よりもさらに乾燥が進んでしまいます。

紫外線量

まだまだ寒いし紫外線なんて全然ないだろうと思っていませんかいませんか?
2月は最も紫外線量の少ない真冬が終わり、紫外線が増え始める時期です。
しかし、私たちの肌は紫外線の少なかった12月頃の影響が遅れて肌に表れるため、
一年中で最もメラニン色素が少なく、肌は最も明るい色になる時期なのです。
するとどうでしょう。紫外線が増え始める時期に、肌は完全な日焼け知らずの白い肌イコール『無防備』状態です。

お肌が弱っているところに増え始める紫外線、、、怖いですね💦

2月でも顔はしっかり日にさらされています。UVケアと保湿はしっかりしていきましょう!!

自分だけのお手入れでは不安という方は、

美容鍼やフェイシャル等、美容のメニューもありますので、ぜひご相談ください。

フェイシャル 1