ほっといたら、ダメよぉ~ダメダメ 魚の目!!(稲城院)

こんにちは! 稲城院です。

 

 

 

 

 

 

 

 

魚の目

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今これを見て、マグロの頭ないし「サカナ」を連想した方はあまり読んでも面白くない
かも知れません。

というのも、魚の目は「ウオノメ」と読み、主に足の裏にできるものの事なんです!

そして今回は「魚の目」について書いていきます。

 

この魚の目はできてしまうと痛いんです!だから困るんです!!

ではまず「なんで、魚の目は痛いの?」から行きましょう。

皮膚

魚の目の正体は皮膚です。


皮膚の中でも「角質層」といわれる部分の皮膚です

一番上にありますよね!!

この皮膚は特徴として外刺激が続くと固くなる能力があります。

・靴のサイズが合っていない
・ヒール、パンプスなどの足裏が強く刺激されるものを日常的に使用している

などで刺激が続くと硬くなりそして大きく成長していってしまうのです。

そして大きくなった角質が「真皮を刺激するので痛みを感じる」


これが痛い原因です!!


次は「どうやって魚の目を取ってくの?」です。


当院ではお灸&紫雲膏(しうんこう)を使って治療していきます。

 

魚の目には、「芯」があります。


角質が硬くなったボスみたいなものです。

その部分をお灸で焼いていきます!!

DSC_0139

こう見ると皆さんは

 

あっっっっっっちーーーー

 

とか

 

いっっっっっっっっっっったーーーーー

 

などを想像すると思いますが、多少の温かさを感じることはありますが
そこまでの辛さは全然ありませんよ!

 

そんな刺激を感じさせる鍼灸師はすこしアレですが、

安心してください!!私たちはアレじゃないですから!!

 


そしていきなり芯の芯までは焼けないので、表面を焼き黒くさせます。

 

その上から紫雲膏を塗っていきます!

 

お灸+紫雲膏のセット攻撃で皮膚の入れ替わりを促進し、魚の目を退治していきます!!

 

紫雲膏はお渡ししますので、毎日塗ってもらいます。

これが簡単にですが、当院での治療の流れです!!

 

 

魚の目は芯まで取りきらないと、またモコモコ出てきてしまいます。

そうならないためにしっかりと焼いて退治していきましょう!!!

 


「今月のキャンペーンのお知らせ」

40分→2800円オーダーメイド治療
当院にある約25種類施術メニューから患者さんの症状、ご希望に一番合っている施術を選んでいきます!!

マッサージだけでは良くならない症状をこれを機会に良くしていきましょう!!

の稲城院でした♪