熟睡できてますか?☺(相生院)

こんにちは!😊

相生はーと整骨院です!

天気はすっかり秋模様ですね😊

deep-breathing-1024x618

いきなりですが質問です

夜は寝れてますか?

この質問には「寝れてる」と回答する方が多いのではないかと思います。

それではこの質問はどうでしょうか 

熟睡はできていますか?

ここでの熟睡の判断基準は次の3つです。

・起きたときにスッキリ起きられる

・日中眠くならない

・夜中、途中に起きない。

おそらくこの質問になると「できてる!」って方は多くはないと思います。

僕もできてないです!😰

毎朝スッキリ起きて1日過ごしたいですよね!なので、今日は熟睡ができるようのなるためのは欠かせない寝具のお話をしていこうかなと思います!

寝具で1番大事なのはどれ!?

次の寝具の中でどれが1番大事だと思いますか?

1,枕

2,敷き布団

3,掛け布団

オーダーメイドで枕を作ってくれるお店とかあるので1にしたくなるかもしれないですが、正解は2の敷き布団です!

敷き布団は全体重を受ける寝具です。敷き布団1つで睡眠は全然変わります。どれくらい違うのか。それは、床で寝るのと布団で寝るのとでどちらが疲れ取れるかを比べてみると差が分かると思います!

ちなみに、2番目は掛け布団です!

枕を変えても睡眠は変わらない?😱


枕を変えても睡眠は変わらないの?や枕を作るお店があるのはなぜ?と思う方いるのではないかなと思います。まず、枕を変えても睡眠が変わらないのかという点については半分ノーで半分イエスです。😨それはなぜかと言うと、枕を作って貰うときに実際に寝ながら選んでいくと思うのですが、その際に使うマットレスの固さに答えがあります。自宅で使っている敷き布団やマットレスと同じ固さであれば、枕を変えた時に睡眠は良くなると思いますが、固さが違う場合はそこも考慮した上で選ばないと変えた所で睡眠が変わらないなんて事になっちゃいます。それくらいマットレスは影響力が高いんです!

枕を変えたいなと思っている方に試してほしいのがまずはバスタオルなどで高さを調整する方法です!タオルを枕代わりにして、一番深呼吸がしやすい高さが自分にあっている枕の高さになります!また、お店で作ってもらいたいという方は自宅でタオルなどで合う高さを調べてから行ったり、お店の人にマットレスや敷き布団の固さを伝えてからやると最大の効果を発揮してくれる枕を選べると思います😊

敷き布団(マットレス)はとっても大事!


寝具の中で重要性の約70%を占めるマットレス。そのマットレスは何を基準に選ぶのがいいのか。ポイントはいくつかあるのですが、1番大事なのは体圧分散性だと思います!この体圧分散性がいいものは寝ている姿勢が真っ直ぐ立っている時と同じになります!これにより体にかかる重力の負荷が同じになります!

そもそも体圧分散性とはなにかというと、「寝たときに体にかかる圧をどれだけ均一にできるか」です。寝たときに、肩や骨盤は沈みやすく、その他の部位はそこまで沈まないです。沈みやすいということはそれだけ圧がかかることを意味するので、これをできるだけ均等にして、負荷をかけないようにするのが敷き布団やマットレスの役割になります!

その他、寝てる間にかく汗をどれくらい吸ってくれるかも大事ですし、1人1人合うマットレスは違うのでこれもお店で実際に寝て確かめるのがいいですね!

掛け布団


掛け布団については寝るときに寝床内温度といって掛け布団の中の温度が33℃位であることが熟睡につながります。実は33℃って熱くも冷たくも感じない温度と言われていて、この環境をつくるには掛け布団が必須なのですが、毛の種類や重さによっても掛けた時の感覚が全然違います。理想は羽毛ですが、いろんな種類があるので是非お店でかけてみて自分にあっている物を選んでいただけると良いのではないかと思います!

まとめ


今日は、寝具についてかきました!おさらいすると以下のようになります!1,寝具で1番大事なのは敷き布団(マットレス)

2,枕はタオルで高さを調整する

3,掛け布団は理想的な寝床内温度を作るために必要

是非この機会にまず上の3点を気にしてみていただけたらと思います!また、もっと詳しく知りたいという方はご連絡ください❗☺

当院からのご案内

9/30まで40分の自費治療が4000円のところ2800円でご案内しています❗今だけの企画になるので是非ご利用ください❗